「Ronbun.jp」トップへ

マニュアル

J.P. バロン
東京医科大学国際情報センター 教授
2005年9月28日

マニュアル

このマニュアルは、皆さんが自信をもって論文が書けるよう、お手伝いをするためにできました。最初に、ピア・レビューという概念を理解してください。ピア・レビューとは、peer(いわゆる同じ資格を持つ人、仲間という意味)から成っています。このシステムは、科学的な出版物が増えてきた17世紀に、論文の科学的根拠を判断するのは、第3者が行なう方が良いという考えから、スコットランドで作られました。第3者が直接批判すると、著者と対立が生まれるので、原著論文に対するコメントを、査読員2、3人が匿名で出し、編集者と著者に戻るという仕組みです。これは、その後他の国々でも行なわれるようになりました。

このマニュアルのもう一つの目的は、査読員のコメントをよりよく理解し、それに対する返事ができるようになるコツを教えること、また、査読者の役割を説明し、査読を頼まれている方の立場を少し楽にすることです。

統一規定についても、このマニュアルである程度とりあげています。統一規定で説明しているように、医学の原著論文の基本的な構造は、IMRAD 形式、いわゆるIntroduction、Methods、Results and Discussionです。もう一つは、著者がターゲットにしている学術誌の投稿規定についての説明です。

留意点

特に、注意しなければならないことは、スペーシングです。これは、縦のスペーシングと横のスペーシングの両方がありますが、横のスペーシングには、コンマ、ピリオドなどの後のスペースや、括弧の中にはスペースを置かない、括弧の外は必ずスペースを置く、またパーセント、摂氏・華氏・角度の度数以外は、数字と単位の間に必ずスペースを置くこと、などの規則があります。これらの規則を無視すると、ライティング能力が小学校の低学年以下と見なされる危険性があります。また、統一規定にもよく書かれていますが、論文に関する全ての文章をダブル・スペースで書くことは、常識です。これは、読みやすさのためと、間に校閲の記入ができるようにするためです。ちなみに、パラグラフとパラグラフの間は、ダブル・ダブル・スペースを使うことを勧めます。

タイトルページは論文の顔なので、査読者に不安感を与えないように注意し、どっしりとした感じを与えるようにするべきです。

キーワードは、統一規定で3~10までとされていますが、Target journalの投稿規定に4つや5つと指定してあれば、それに合わせるべきです。

また、略語を使う際には、抄録と本文の両方で、初出の際に説明する(スペルアウトする)必要があります。説明する際は、スペルアウトを先に書いて、括弧内に略語を大文字で書くのが普通です。

また、このマニュアルでは、論文の概要を素早く把握するためには、どうすればよいかについても説明しています。統計学的な重要性にも触れています。もう一つ、日本人の先生方が書かれた論文では、メーカーの名前は紹介してあっても、所在地を書き忘れているというミスが多く見られます。

留意点(続き)

また、最近の倫理やインフォームド・コンセントについての傾向、retrospective、prospective (遡及的、見通し)とrandomization(無作為化)という概念も紹介しています。推測は、なるべく少なくした方がよいですが、場合によっては、speculation(推測)は価値があるものです。但し、それが推測であることを明確にしなければいけません。

もう一つ、medical publishingの黄金律として、”minimum length, maximum impact(最短のスペースで、最大限に、分かりやすいインパクトのある文章を書くこと)”があります。

留意点(続き)

また、日本語で論文を出してしまえば、永久にその中味を英語で書くことはできないという悩みを持っている方が多いと思いますが、条件が満たされていれば、二次出版が許される場合があると、統一規定に説明があります。それについても、このマニュアルで分かりやすく述べてあります。さらに、非常に役に立つ、Manual of Styleについてもお話します。アメリカでも様々なManual があり、また医学英語コミュニケーションについての本は日本にも存在しています。

最後に、チェックリストの重要性について触れています。以上がこのマニュアルの大体の目的と内容です。

© J. Patrick Barron

「Ronbun.jp」トップへ