Case Study: 統計解析に関する査読者のコメントと解説 (6)

6. 結果の記述(2)

初回原稿
The immunotherapy group showed a trend towards improved overall survival as compared with the control group (p=0.09); the estimated rates for years 1,3, and 5 were 99±1% vs 95±3%, 88±4% vs 74±5%, 68±6% vs 62±6%, respectively.
査読者のコメント
“The immunotherapy group showed a trend …(p=0.09)”. I do not agree with this conclusion. In what statistical test is it based? The authors should either justify the existence of a trend in survival benefit stating the statistical test they used or omit the sentence. As figure 3 shows, at the present follow-up, there is no evidence of a statistically significant difference between the two groups with regards the survival, and this is based on a log-rank test. This result should definitely be reported.
修正原稿
上述の文書の削除が行われました。
解説
臨 床試験の結果を記述する際に、部分的な推定値による「差がある傾向を認めた」という記述は受け入れられません。上の例ですと、生存期間全体でのlog- rank検定での検定結果か、もしくは、1年目での2つの生存率、3年目での2つの生存率をGreenwoodの標準誤差推定値を使って比較することが必 要です。

「傾向があった」等の記述は “Discussion” において行うことも可能でしょうが、よほど興味ある話題で次の研究につながる話題でなければ、根拠の乏しい議論は避けるべきです。
<< 前へ  | 目次 | 次へ >>