原著論文で業績を作る

謝辞 (Acknowledgements)

謝辞は、テキスト本文の最後のパラグラフのすぐ後に入れます。

  • 謝辞の目的
    • 著者資格 (Authorship) を満たさない人々から研究に対して提供された、あらゆるサポートに感謝を述べる。
  • 以下に該当する場合、謝辞の欄に組織名や、個人名と所属施設名を記載する。
    • 資金提供や物品供与を受けた場合
    • 技術的支援 (論文執筆も含む) を受けた場合
    • 論文の校閲などを受けた場合
    • 専門家としてのアドバイスを受けた場合
  • 謝辞では、資金提供元から資金提供を受けていない著者1名が全データへのアクセス権を有している旨の表明を行うことが大切である。 以下の例文を参考に、AAAのところに自身のイニシャルを入れて使用されたい。 <例文>
    One author, AAA, who is independent of the commercial funder, had full access to all the data and takes responsibility for the integrity of the data and analyses.
    【和訳 (参考) 】
    民間の資金提供者と関わりのない1名の著者、AAAが全データへのアクセス権を持ち、データと分析が完全なものであることの責任を負う。

レクチャー動画を見る(「医学分野でキャリアアップを図るために」より)