出版倫理

International Committee of Medical Journal Editors ( ICMJE ) とは

3. Manuscript Sections(原稿のセクション)

f. Discussion(考察)

解釈

  • 抄録と同様に、研究の新しい点・重要な点を強調すること。
  • 査読者や読者に論文の重要性を理解してもらうため、Discussionは著者の研究目的について説明するところから始めることを提案する。そうすることでDiscussion全体が方向性を持ち、MethodsやResultsへと展開した後に、読者の関心を再び本題に引き付けることができる。
  • Discussionの冒頭部分で最終目標について査読者や読者の注意を集めておけば、Discussionや結論を導くために言及された参考文献や議論の流れをつかみやすくなる。
  • IntroductionやResultsで出したデータを繰り返すのは不適当とされるが、どうしても繰り返しが必要な場合は、できるだけ短く済ませること。
  • 実験的な研究の場合は主な知見からDiscussionを書き始めるとよいとされている。また、得られた知見に対して推測されるメカニズムや説明を述べることができる。推測であることは、この時点で明記すること。
  • 関連テーマの他の研究結果と比較すること。査読者や読者が理解しやすいよう、研究の限界についても言及する。限界を明らかに示すことにより、著者の責任ある姿勢を示すことができる。最後に、将来の研究、とくに臨床への応用に対する今回の結論の意味を十分に考えて明確に提言すること。
  • データの裏づけがない推測や仮説は避けるべきだが、十分な根拠があり、はっきりと推測や仮説であると明記する場合は許される。しかし、Discussionの最後では、序文で述べた研究目標と結論とを関連づけるようにすることが望ましい。
  • 経済状況は地域や国によって大きく異なるので、医療経済の観点から書かれた論文でないかぎり、著者は経済的利潤やコストに関するコメントを控えるよう勧めている。
  • 自分の発見が世界初のものであるとか、その問題についての研究はこれが初めてであるなどと宣言しないようにすること。
  • ある症例が非常に稀であると主張する場合は、その主張を裏付けるために、研究が行われた期間のデータベースを記載することをすすめる。
  • 未完了の研究や、アクセプトされていない論文に言及してはいけない。

原文

Emphasize the new and important aspects of the study and the conclusions that follow from them in the context of the totality of the best available evidence. Do not repeat in detail data or other information given in other parts of the manuscript, such as in the Introduction or the Results section. For experimental studies, it is useful to begin the discussion by briefly summarizing the main findings, then explore possible mechanisms or explanations for these findings, compare and contrast the results with other relevant studies, state the limitations of the study, and explore the implications of the findings for future research and for clinical practice.

日本語訳

研究の新しく重要な側面や、そこから得られる結論を、現行のエビデンスの総体の中に位置づけた上で強調すること。IntroductionやResultsなど、原稿内の他のセクションで紹介された情報をDiscussionで細かく繰り返してはならない。実験的な研究の場合は、最初にDiscussionで主要な所見を簡潔に要約してから考察へ移り、それから所見に関して可能性のあるメカニズムや説明について論じ、関連のある他の研究と比較検討し、研究の限界を述べ、その実験結果が持つ将来の研究や臨床応用の可能性について検討する、という順序がよい。

Link the conclusions with the goals of the study but avoid unqualified statements and conclusions not adequately supported by the data. In particular, distinguish between clinical and statistical significance, and avoid making statements on economic benefits and costs unless the manuscript includes the appropriate economic data and analyses. Avoid claiming priority or alluding to work that has not been completed. State new hypotheses when warranted, but label them clearly.

研究の目的と結論に関連を持たせること。しかし十分にデータの裏づけがない記述や結論は避ける。とくに、臨床的な重要性と統計学的有意性は区別し、原稿に十分な経済的データや分析が含まれないかぎり、経済的利益やコストに関する記述を避けること。優先権を主張したり、未完了の研究について言及したりしないこと。根拠があれば新しい仮説を述べてもよいが、仮説であることを明確にすること。