出版倫理

International Committee of Medical Journal Editors ( ICMJE ) とは

3. Manuscript Sections(原稿のセクション)

c. Introduction(緒言)

解釈

  • 緒言は、研究の背景や研究を行う理由から始めること。
  • 読者が理解できるような緒言にすること。そのためには、目的や仮説を明確にしておく必要がある。目的が疑問形で提示されていると、著者の意図が読者に理解されやすい。
  • おもな目標のほかに、二次的な目標がある場合は、双方を明確にし、また研究の範囲内でとくに一部を分析しようとする場合は、その部分について説明すること。
  • 緒言はトピックの概要を説明する場ではないので、ここでは直接関係のある参考文献にのみ触れること。
  • 本文で報告しようとする研究のデータや結論については、緒言では決して言及しないこと。
  • 原著論文の緒言の大半は、A4ダブルスペースで3/4~1.5ページ、長くても2ページまでが適当な長さと思われる。

原文

Provide a context or background for the study (that is, the nature of the problem and its significance). State the specific purpose or research objective of, or hypothesis tested by, the study or observation. Cite only directly pertinent references, and do not include data or conclusions from the work being reported.

日本語訳

研究の前後関係や背景(つまり問題とその有意性について)について説明すること。研究や観察の目的、研究目標、仮説を特定すること。直接的に関連する参考文献のみを提示し、すでに報告済みの研究データや結論は含めない。