出版倫理

International Committee of Medical Journal Editors ( ICMJE ) とは

3. Manuscript Sections(原稿のセクション)

b. Abstract(抄録)

解釈

  • 原著論文、系統的レビュー、メタ解析については、通常、構造化された抄録が求められる。
  • 抄録では、前後関係、研究をする理由、目的、被験者・動物に関する情報、観察・分析方法を述べ、可能な限り結論の主要部分とともに、所見とその統計学的な有意性の概要を示す必要がある。また、直ちにその論文の意義を理解できるよう、研究の新しく重要な側面を強調することが必要である。
  • 臨床試験の抄録執筆時には、CONSORTガイドラインをよく確認し、定められた内容を含めること。
  • MEDLINEで正確な検索を可能にするため、資金提供元については、抄録の後に別途記載すること。
  • 抄録は、唯一他の研究者の目に触れる部分であることが多い。
  • 抄録は論文の内容を正確に反映するものでなくてはならない。
  • 投稿雑誌によって抄録の長さや形式が異なる場合が多いので(雑誌によってはstructured abstractの他にmini-abstractを要求するところもある)、指定されている条件にしたがって書くように勧めている。
  • ICMJE Recommendationsでは、抄録の後に臨床試験登録番号を記載することを勧めている。この情報を記載することで、必要な場合は追跡することができる。

原文

Original research, systematic reviews, and meta-analyses require structured abstracts. The abstract should provide the context or background for the study and should state the study's purpose, basic procedures (selection of study participants, settings, measurements, analytical methods), main findings (giving specific effect sizes and their statistical and clinical significance, if possible), and principal conclusions. It should emphasize new and important aspects of the study or observations, note important limitations, and not overinterpret findings. Clinical trial abstracts should include items that the CONSORT group has identified as essential. Funding sources should be listed separately after the Abstract to facilitate proper display and indexing for search retrieval by MEDLINE.

日本語訳

原著論文、系統的レビュー、メタ解析については、構造化された抄録が必要である。抄録では、研究の背景と目的、基本的な手順(参加者の選択法、条件、測定、分析方法)、おもな所見(可能であれば特定のエフェクトサイズ(効果量)と統計的・臨床的な意義を示す)、主な結論を述べる必要がある。本研究や観察の新しく重要な側面を強調し、研究の限界を記載するものとし、所見に対する過度の解釈は避けること。臨床試験の抄録には、CONSORTグループが必須と定める要件を含めること。資金提供元については、適切な表示およびMEDLINE検索のためのインデックス化が可能になるよう、抄録の後に別途記載すること。

Because abstracts are the only substantive portion of the article indexed in many electronic databases, and the only portion many readers read, authors need to ensure that they accurately reflect the content of the article. Unfortunately, information in abstracts often differs from that in the text. Authors and editors should work in the process of revision and review to ensure that information is consistent in both places. The format required for structured abstracts differs from journal to journal, and some journals use more than one format; authors need to prepare their abstracts in the format specified by the journal they have chosen.

抄録は、多くの場合データベース上で実際に論文の内容を見ることができる唯一の部分であり、また多くの読者の目に触れるところでもあるので、論文の要旨を正確に反映させるよう注意が必要である。しかし実際は、論文の本文と抄録の情報が一致していない場合が多い。著者および編集者は、改訂やレビューの作業の中で、双方の情報が一致するように留意する必要がある。構造化抄録としての形式は学術誌によって異なり、複数の形式を使用しているところもある。著者は、投稿先の学術誌が指定している形式に従って抄録を書くこと。

The ICMJE recommends that journals publish the clinical trial registration number at the end of the abstract. The ICMJE also recommends that, when a registration number is available, authors list that number the first time they use a trial acronym to refer to the trial they are reporting or to other trials that they mention in the manuscript.

ICMJEは、医学雑誌での発表の際に、抄録の末尾に臨床試験登録番号を記載するよう推奨する。また、その論文自体または他の論文を最初に略語または頭字語で引用する際にその臨床試験番号(もし付与されていれば)を記載することも推奨する。