更新:2013年8月6日

原文 全訳版

How To Choose the Right Journal for
Your Manuscript*

Philip J. Thompson, MB BS, FCCP

(CHEST 2007; 132:1073-1076)

Key words: impact factor; medical journals; medical publishing

There are many variables influencing the choice of journal for manuscript submission. Factors involved include the visibility of the journal, the focus of the journal and how well it matches the topic of the manuscript, the impact factor of the journal, the timeliness of the editorial office process and whether feedback is constructive, journal accessibility, author costs, and the governance of the journal. Among these, the impact factor plays a particularly significant role in choosing a journal, and yet it is also one of the more controversial areas in terms of the way it is utilized.

Having a set of guidelines to assess which journals will suit your manuscript best is invaluable and may make a significant difference to your publication success. Choosing the right journal for a manuscript can be a challenging exercise, and many factors are likely to influence the final decision. It is important to be clear about what is motivating the decision to publish and to have a set of criteria by which the merits of a journal can be assessed, thus maximizing the chance that the author’s expectations will be met. Finally, a system or checklist to actually help choose the best journal for one’s manuscript can be invaluable.

Why Publish?

There are a number of reasons why authors are keen to publish. Some reasons are inevitably more altruistic than others, and for many authors multiple reasons apply. Ideally, there is a desire to advance human knowledge and/or enhance patient care, and to communicate this to others in the field. Submitting for publication should provide useful peer review of one’s research, and the publication of a manuscript has the potential to encourage networking with individuals and groups with similar research interests. At a more pragmatic level, publication in a peer-reviewed journal can aid career advancement, assist in winning grants and research support, and act as a catalyst for attracting high-quality staff and students.

Positive Features of a Good Journal

The factors that contribute to a journal being successful and being valued are many and varied, and there is also a complex interplay between authors, editorial office, publisher, sponsoring organizations, and citation rates and, if working positively, will create a perpetual cycle that enhances the reputation of the journal (Fig 1). Some of these issues are discussed below.

Recognition Factor
If a journal is well known and readily recognized by one’s peer group or target audience, then the published material is likely to be seen, read, and acted on by the same groups. What characterizes such a journal? It is usually highly valued by the author’s peers and mentors (and so is mentioned in conversation and at scientific presentations), and it is usually readily accessible. There will often be a built-in readership, such as the members of a sponsoring Society. It will need to be listed in Medline and in other search engines and be present in libraries and on institutional electronic access systems. Not infrequently, such journals will have ac- cess to good public relations services, and so the published data will often be visible in the popular press. There are probably other elements that provide populist appeal but are hard to define and may reflect the mix of publications and the general ethos and philosophy of the journal in question.

Type of Publication

It is important to match the scope of the journal with the topic of the research work being submitted. Does the journal publish articles that are clinical, basic science, or translational research? Is the journal general in nature, or is it organ based or targeting a subspecialty area of pulmonary disease such as epidemiology or a specific cell or cell-signaling pathway, and is it the best match for the area of research interest being reported? Journals vary in the types of articles they publish and include the following: review articles and editorials, hypotheses, short and technical reports, scientific letters, case reports, letters to the editor, supplements, original articles, and review series. Ideally the submitted manuscript will fit neatly under one of these headings, and it is important that the journal chosen has this particular form of publication in its portfolio. All of the above factors will also influence the target audience and the breadth of appeal of the journal.

Citation and Impact Factor

Citations and impact factor play a major role in how journals are perceived by authors and by external agencies such as granting bodies and universities. The impact factor was devised by Eugene Garfield, the founder of the Institute for Scientific Information, now part of Thomson Scientific, a large, worldwide, US-based publisher. Impact factors are calculated each year by the Institute for Scientific Information for the journals it indexes, and the factors and indexes are published in Journal Citation Reports.1,2 The validity of the impact factor is controversial because many extraneous factors that are not necessarily directly linked to the quality of the publications of a journal can influence the rating achieved. Nevertheless, it remains the default method for assessing the publishing success of a journal. The impact factor is calculated by dividing the number of citations to publications in the previous 2 years by the number of articles published. The impact factor reflects the citation rate of the average article in a journal and not a specific article. Published critical appraisal of the impact factor is limited. 2-9 There appears to be a weak relationship between the impact factor of a journal and the subsequent citation rate of a given article.3 In recent times, many new journals have had an increase in their impact factor, while many journals with long standing reputations have not, and in some cases their impact factor has fallen.4 Journals with an increasing impact factor cite active recruitment of better articles from researchers, offering better author services, boosting the journals media profile, and more careful article selection. Editors frequently report mixed feelings about using the impact factor to evaluate journals.5 There is limited information on how scientific information is distributed among journals. Only a few journals out of many have contributed significantly to a specific topic or area, and not surprisingly these are mainly journals that are topic based rather than being general. Recent citation analyses in the sciences have revealed that 150 journals account for 25% of publications and 50% of citations, while 2,000 journals account for 85% of publications and 95% of citations6 However the core group of significant journals is not static, and its composition is changing constantly. There is a proliferation of new journals and the Institute for Scientific Information reviews 2,000 new journal titles annually but selects only 10 to 12% for longer-term impact factor evaluation.6 Other methods of assessing journals and their publications exist, such as overall citation rate, citation half-life, and immediacy factor, but these have not gained much traction as yet. Within any one journal, the percentage of articles being cited can vary. One study7 has reported that approximately 17% of articles accrued 50% of the total citations for the journals studied. These authors7 have also argued strongly for quoting the noncitation rate of a journal because it is independent of the total number of citations. Despite diversity of opinion on the merits of the impact factor, it remains an important variable in choosing the journal in which to publish. Furthermore, it is sensible to try to assess which journals are on the ascent with respect to impact factor and which are not.


Editorial Office Standards and Efficiency

The approach and efficiency of the editorial office of a journal can have a large bearing on how an author and manuscript fare. The first important aspect is the “Instructions to Authors”; are they readily accessible, are they comprehensive, and do they clearly set out what is expected from authors and how the manuscript will be handled by the journal? A journal is much more attractive to authors if it has a reputation for using good referees and for providing helpful and constructive comments from their associate editors and editors. Journals that have a friendly and personal interface are more likely to be supportive if problems arise. Timeliness is an increasingly important issue for all authors. Journals with a high rejection rate should ensure that submitting authors receive a rapid decision on whether the manuscript is accepted or not. In the future, being able to access information on the turnaround time of a journal will have a major impact on journal choice. In some instances, it may be important to the author whether fast-tracking for publication is available or not. Electronic submission systems that are Web based are also an important feature of a journal and allow easy submission processes, rapid management of manuscripts, and a record of all activities that then allows authors to track where their manuscript resides in the review process, and is increasingly being used by authors to benchmark journals.

Publishing and Distribution Factors

In the final analysis, how a manuscript is presented by the journal will have a significant impact on readership, and therefore the quality of the layout, the typeface and paper quality, and the way figures and tables are handled are important. Communication between the authors and the publisher with respect to galley proofs is important, as well as whether free print or portable document format (PDF) copies are available, or if there is the freedom to post articles on one’s own Web site. As with the editorial office process, timeliness in publishing is important, with the increasing use of electronic prepublication being fundamental in ensuring that readers have timely access to an accepted manuscript.

How readily available the journal is will influence its visibility and accessibility; journals should be available in print format and electronically, in libraries, and in prepublication systems. Copyrighting and grant body demands are an area of some conflict, but this is slowly being resolved. Some journals are more active than others in dealing with this.

Costs

For some authors, cost is an important factor. Many journals charge no fees to authors. However, many charge either a submission fee, an acceptance fee, or a per-published page fee. This may influence authors’ decisions. The cost of publishing color figures may also influence some authors for whom color figures are of scientific importance, and for some the cost of reprints can be an issue.

Governance and Funding of the Journal

This can subtly influence submission decision making. Will the manuscript be treated in a fair and equitable manner? The stature of the editorial board may provide some reassurance as to the standard of the journal both in terms of governance and journal stature. The processes in place for managing publishing ethics may influence some authors and certainly can reflect on the overall way the journal is managed. How the editor is appointed and who monitors the editor’s performance are other less visible factors that sometimes can become an issue. For journals that are new or not well known, the financial security of the journal may be important in terms of its longevity, and those journals supported by organizations with a strong financial support base are more likely to survive long term.

How To Choose a Journal

Currently, there are 33 respiratory journals that are monitored for citation rates. This clearly provides a significant choice for authors. In addition, there are many other nonrespiratory journals that accept manuscripts that are relevant to respiratory science. There are some essential questions that an author should ask when trying to choose the best journal for his or her manuscript (Table 1), and there are some general guidelines to ensuring a wise decision (Table 2). Finding the best journal for your manuscript is complex and multifactorial and will also change over time. Nevertheless, careful analysis and advice from mentors will increase the success of one’s publications and research.


References

  1. Available at: http://scientific.thomson.com/free/essays/journalcitationreports/impact_factor. Accessed May 21, 2007
  2. Wikepedia.org. Available at: http://en.wikepedia.org/wiki/Impact factor. Accessed May 21, 2007
  3. Callahan M, Wears RL, Weber E. Journal prestige, publication bias, and other characteristics associated with citation of published studies in peer-review journals. JAMA 2002; 287: 2847-2850
  4. Anderson J, Belmont J, Cho CT. Journal impact factor in the era of expanding literature. J Microbiol Immunol Infect 2006; 39:436-443
  5. Chew M, Villanueva EV, Van Der Weyden MB. Life and times of the impact factor: retrospective analysis of trends for seven medical journals (1994-2005) and their editor’s views. J R Soc Med 2007; 100:142-150
  6. The Thomson Scientific journal selection process. Available at: http://scientific.thomson.com/knowtrend/essays/selection ofmaterial/journalselection/. Accessed May 21, 2007
  7. Weale AR, Bailey M, Lear PA. The level of non-citation of articles within a journal as a measure of quality: a comparison to the impact factor. BMC Med Res Methodol 2004; 4:14
  8. Jones AW. Impact factors of forensic science and toxicology journals: what do the numbers really mean? Forensic Sci Int 2003; 133:1-8
  9. Seglen PO. Why the impact factor of journals should not be used for evaluating research. BMJ 1997; 314:498-502


*From the Lung Institute of Western Australia and Centre for Asthma, Allergy and Respiratory Research, University of Western Australia, Perth, WA, Australia.

Thomson Scientific, Inc. is the publisher and copyright owner of the Journal Citation Reports publication. In this publication, Thomson Scientific, Inc. publishes its copyrighted compilation of “Impact Factors.” The Impact Factor information is proprietary property Thomson Scientific, Inc., and Thomson Scientific, Inc. does not permit any republication or reuse of the Impact Factor lists.

The author has no conflicts of interest to disclose. Manuscript received June 1, 2007; revision accepted June 22, 2007.

Reproduction of this article is prohibited without written permission from the American College of Chest Physicians (www.chestjournal. org/misc/reprints.shtml).

Correspondence to: Philip J. Thompson, MBBS, FCCP, Lung Institute of Western Australia, Ground Floor E Block, Sir Charles Gairdner Hospital, Nedlands, WA 6009, Australia; e-mail: pjthomps@liwa.uwa.edu.au

DOI: 10.1378/chest.07-1340

How to Choose the Right Journal for Your Manuscript
あなたの原稿にふさわしいジャーナルを選ぶには


Philip J. Thompson, MB BS, FCCP
(CHEST 2007; 132:1073-1076)

Key words: impact factor; medical journals; medical publishing

論文の投稿先を選ぶ際に影響を及ぼす要素は、数多く変動的である。たとえば、ジャーナルの注目度、専門領域、論文の題目との適合性、インパクトファクター(I.F.)編集部の処理の迅速さ、建設的なフィードバック、ジャーナルの入手しやすさ、著者が負担する費用、ジャーナルのガバナンス、などの要素が考えられる。これらの中で、I.F.はジャーナルを選ぶ際、特に重要な役割を果たす。とはいえ、その利用のされ方は、かなり異論の多い分野の1つであることも事実である。そのため、どのジャーナルが自分の論文に一番合っているかを見極めるためのガイドラインを幾つか持っていることが極めて重要であり、それによって、投稿が成功し掲載に至るか否かに大きな違いが出る可能性がある。

原稿にふさわしいジャーナルを選択することは困難で、最終的な決断を下すには多くの要素が影響する可能性が高い。大事なことは、論文の掲載を目指そうと決めた動機は何なのかを明確にし、またジャーナルに投稿する利点を評価できる尺度を幾つか持つことである。そうすることで、ジャーナルへの掲載、という著者の希望が叶う機会を最大限にすることができる。最後に、自分の原稿に最もふさわしいジャーナルを選ぶのに実際に役に立つ、系統だった手順やチェックリストがあれば、非常に有用であろう。

なぜ掲載するのか?

著者が自分の原稿の掲載を強く望む理由は複数ある。その中には、医師としての立場から必然的とも言える利他的なものも含まれ、多くの著者は、複数の理由を併せ持つ。理屈の上では、人知を進歩させたい、患者に対する医療を向上させたい、そして同じ分野の他の人に自分の研究を伝えたい、という願いがある。 掲載を目指して投稿することで、自分の研究に役立つピアリビューが得られるはずであり、原稿が掲載されれば、類似の研究に関与する研究者個人や研究グループとの交流の機会が増える可能性がある。更に実利的なレベルでは、ピアリビューがあるジャーナルに論文が掲載されることで昇進が促され、助成金や研究支援を得るのに役立つこともある。また間接的に、質の高いスタッフや学生を惹きつける役割も果たす。

優れたジャーナルの顕著な特徴

ジャーナルの知名度が上がり、高い評価を受ける要素は数多く、多様性に富んでいる。そして、著者、編集部、出版社、スポンサー組織、被引用率が相互に複雑に作用し合っている。もしこれがうまく機能すれば、ジャーナルの評判を高める絶え間ないサイクルを生み出すことだろう。これらの幾つかについては、次の項目で考察を行うことにする。


認知度という要素

ジャーナルに知名度があり、同じ専門のグループ、あるいは対象となる読者層にすぐに認知されれば、掲載された論文は、おそらく彼らの目にとまり、読まれ、影響が及んでいくだろう。こうしたジャーナルには、どのような特徴があるだろうか?通常は、著者の同僚や恩師に高く評価されて(すなわち会話や学会発表の中で言及され)、容易に入手できるのが普通である。スポンサーである学会の会員などのように、ジャーナル固有の読者層がいる場合も多い。また、そういう雑誌はMedlineや他の検索エンジンのリストに掲載され、図書館や施設内の電子システム上で公開される必要がある。
そのようなジャーナルは、優れた広報サービスへのアクセス手段を持つことが多いため、掲載された情報がマスメディアに注目されることも多いだろう。一般に広く受け入れられる要素は他にもあるだろうが、その定義づけは難しく、おそらく、掲載記事、一般的な風潮、ジャーナルの観点、が混ざりあったものであろうと考えられる。

図1. 掲載が成功するか否かに影響を及ぼし、絶え間ないサイクルを生み出す可能性のある相互作用

掲載の種類

重要なのは、ジャーナルの扱う領域が、投稿しようとする研究論文の題目と一致していることである。そのジャーナルが掲載するのは、臨床系のものか、基礎科学系のものか、あるいはトランスレーショナル研究(基礎医学の成果を適切に臨床の場へと適用する研究)なのか?そのジャーナルは、自然科学全般のものか、臓器別のものか、疫学や特殊な細胞あるいは細胞シグナルの経路など肺疾患に関する副専門分野を対象としているものか、報告しようとしている研究の領域と最もかみ合うものなのか?ジャーナルによって掲載する記事の種類は異なり、以下のようなものが含まれる。例えば総説、論説、仮説、簡単な報告書や専門的な報告書、科学報告書、症例報告書、編集長への手紙、補遺、原著論文、論評シリーズなどである。理想的には、投稿する原稿がこれらのカテゴリーのどれかにきちんと適合し、投稿先ジャーナルの掲載記事一覧表の中に、投稿する原稿の種類があることが重要である。以上全ての要素は、対象となる読者層やジャーナルの人気の広がりにも影響を及ぼすだろう。


引用とインパクトファクター

引用とインパクトファクター(I.F.)は、ジャーナルが著者や助成金交付団体・大学などの外部機関にどのように認識されるかという点で主要な役割を果たす。I.F. は現在世界的な規模を誇る米国に本拠を置く出版社、Thomson Scientificの一部門であるInstitute for Scientific Information (ISI) の創設者、Eugene Garfieldによって考案されたものである。I.F. は毎年、ISIが索引に載せたジャーナルについて算出され、そのファクターと指数はJournal Citation Reports1,2に掲載される。ジャーナルに掲載されている記事の質に必ずしも直接関係のない多くの要因が、算出された数値に影響する可能性があるため、I.F. の正当性は議論の的となっている。にもかかわらず、その数値は依然として、ジャーナルが出版業界で成功を収めているかどうかを評価する標準的な方法として使われている。I.F. は、過去2年間に出版物に引用された件数を、掲載された論文の数で割ることで算出される。I.F. は、あるジャーナルに掲載された論文1本あたりが引用された率を反映しているもので、特定の論文が引用された率を反映しているわけではない。また、I.F. について批判的な評価記事で掲載されたものは、わずかである2-9。したがって、あるジャーナルのI.F. とある特定の論文の被引用率の間には、あまり関係があるとはいえないようである3。近頃では、多くの新しいジャーナルのI.F. が上昇している一方で、昔から伝統的に評判の高いジャーナルのI.F. は上昇していなかったり、中には下がったりしているものもある4。I.F. が高くなってきているジャーナルは、より優れたサービスを著者に提供し、マスメディアへの露出を増やし、より慎重に論文を選択し、研究者から更に優れた論文を積極的に採用する、と言及している。ジャーナルがI.F. で評価されることに対して、編集者が複雑な思いを抱いていることは、しばしば報告されている5。科学的な情報が、ジャーナル間でどの程度流通しているかについては、あまりわかっていない。多くのジャーナルのうち、ほんのわずかのジャーナルだけが特定の題目、あるいは領域に著しい貢献をしており、それらが、自然科学一般を扱うジャーナルではなく、主として専門のテーマを扱うジャーナルであることは驚くにはあたらない。最近の科学分野における引用について分析が行われた結果、150誌のジャーナルに掲載論文の25%が掲載され、被引用数の50%を占めていた一方、2000誌のジャーナルに掲載論文の85%が掲載され、被引用数の95%を占めていたことがわかった6。しかし、重要なジャーナルのコアグループは固定しておらず、その構成は常に変化している。新しいジャーナルの発刊は急増しており、ISIは毎年2000誌の新しいジャーナルのリビューを行っているが、そのうち、長期的にI.F. の評価対象に加えるのは、わずか10%から12%ほどである6。この他にも、例えば、総被引用率や、被引用半減期、及び迅速性の要素など、ジャーナルや掲載論文を評価する方法はある。しかしこれらはまだあまり影響力を持っているとはいえない。また、どのジャーナルをとってみても、引用される論文の割合は変化する可能性がある。ある調査7によると、調査したジャーナルに掲載された論文のうち、約17%が全体の被引用数の50%を占めていた。この調査の著者達7は、ジャーナルが全く引用されない割合がどれくらいなのかということも明らかにするべきだと強く主張している。なぜなら、全く引用されなかった割合は、引用された総数からはわからないからである。I.F. の利点に関しては様々な異論があるものの、やはり、投稿先のジャーナルを選ぶ際の重要な判断材料となっているのは確実なため、I.F. に関して、どのジャーナルが上昇していて、どのジャーナルがそうでないかということを見極めようと試みることが賢明である。

編集部の規準と効率性

ジャーナル編集部の段取りと効率性が、著者や論文の成り行きに大きな意味を持つことがある。まず重要なのは、「投稿規定」である。投稿規定は容易に入手できるか、投稿規定は包括的なものか、著者に何が期待されていて、ジャーナルが論文をどのように扱うかを明確に説明しているか?、ジャーナルに優れた査読員がいて、編集長や副編集長から有益で建設的な助言が受けられる、という評判があれば、ジャーナルは著者にとって更に魅力的なものになる。ジャーナルと友好的で個人的な交流があれば、何か問題が起こった時に、より協力的に対応してもらえるだろう。また、タイムリーである、ということは、全ての著者にとって益々重要な問題となりつつある。原稿のリジェクト率が高いジャーナルは、原稿の採否について、著者が確実に迅速に結果を受け取れるようにしなければならない。将来的には、原稿の投稿から結果判定までの一連の所要時間についての情報を著者が入手できるかどうかが、ジャーナルを選ぶ際の大きなインパクトとなるだろう。場合によっては自分が投稿した原稿が掲載されるか否かが素早くわかるかどうかが著者にとって重要な場合もある。ウェブベースの電子投稿システムもまたジャーナルの重要な特徴で、それによって投稿が容易になり、原稿を素早く管理でき、全ての作業が記録され、著者が自分の原稿が査読プロセスの中でどの段階にあるのかがわかるため、ジャーナルを評価する際、著者に益々利用されるようになってきている。


掲載と普及に関する要素

原稿の投稿先を決める最終段階では、原稿がどのようにジャーナルに掲載されるかが、読者層に重要なインパクトを与えるだろう。すなわち、レイアウトの質、書体、紙の質、図表の掲載のされ方が重要である。また、ゲラ刷りに関して著者と出版社が意思の疎通を図ること、無料印刷またはポータブルドキュメントフォーマット(PDF)のコピーが利用できるかどうか、著者が自分のウェブサイトに自由に掲載することができるかどうか、ということも同様に重要である。電子ファイルによる事前掲載の利用が益々一般的になるにつれて、読者がアクセプトされた原稿に確実にタイムリーにアクセスすることができるよう、(編集部でのプロセスと同様)掲載もタイムリーに行われることが重要である。

ジャーナルが容易に入手できるかどうかは、論文の注目度、入手しやすさに影響を与えるだろう。ジャーナルは、印刷物または電子ファイルの形で図書館や事前掲載システム上で入手できる必要がある。著作権及び助成金交付団体からの要望は、多少利害の衝突がある領域ではあるが、徐々に解決に向かっている。ジャーナルの中には、これら利害の衝突に関して、他のジャーナルよりも積極的に取り組んでいるものもある。

表 1― 研究成果にふさわしいジャーナルを選ぶためのチェックリスト
そのジャーナルは、論文の掲載について著者の希望に沿うものか?

ジャーナルのインパクトファクターと「知名度」は著者にとって十分か?

ジャーナルの専門領域は原稿の主題と合っているか?

レビュープロセスにおける支援体制は十分か?すなわち、レビュープロセスはタイムリーで、建設的で有用な批評を得られるか?

ジャーナルのスタッフと良好な関係か?

ジャーナルのスポンサー組織を支援したいと思うか?

掲載にかかる費用や期間はどうか?

投稿にかかる費用

ジャーナル選択の際、費用が重要な要素になる著者もいる。著者に費用を請求しないジャーナルもたくさんあるが、投稿料、採用料、1ページごとの掲載料のいずれかを請求するジャーナルも多く、こうしたことが著者の決断に影響する可能性がある。カラーの図が科学的に重要な著者にとっては、その掲載料が、また抜き刷りの費用が問題となる著者もいるだろう。

ジャーナルのガバナンスと資金

これが、投稿を決断する際に微妙に影響する可能性がある。原稿は公平かつ平等に取り扱われるだろうか?編集委員会の資質を見れば、ジャーナルの基準をガバナンス・資質の両面から、ある程度再確認できる可能性がある。出版倫理プロセスが機能しているか否かは、一部の著者がジャーナルを選択する際の一要素となりうるし、それはまたジャーナルの運営方法全般に確実に影響を及ぼすだろう。

編集者がどのように任命され、その編集者の仕事ぶりを誰がチェックするかということは、あまり目立たない要素ではあるが、時として問題になりうる。新しいジャーナルや有名でないジャーナルにとって、財政的な安定は、ジャーナルを長期に亘って存続させるという観点から重要である可能性がある。そして強力な財政基盤を持つ組織に支えられているジャーナルは、より長期間存続する可能性があるだろう。

表 2―最もふさわしいジャーナルを選ぶための原則とアドバイス
原稿は基礎科学系のものか、臨床科学系のものか?また自然科学一般のものか、非常に特定された分野のものか?

注目度と質の両面で、できる限り最高のジャーナルを目指す。

一流のジャーナルへの掲載を目指すことと、質的に多少劣るジャーナルで迅速に掲載する必要性とを比較検討する。

投稿規程を読み、それが自分にとって必要な条件を満たしていることを確認する。

同僚や恩師に助言を求める。

創刊されて日が浅いジャーナルには慎重になる。存続するだろうか?

ジャーナルの選び方

現在、被引用率が算出されている呼吸器ジャーナルは33誌あり、これは明らかに著者がジャーナルを選択する際の重要な指標である。それに加え、呼吸器学に関連のある原稿を採用する呼吸器以外のジャーナルも数多くある。著者が自分の論文にとって最もふさわしいジャーナルを選ぼうとする際に必要不可欠な確認事項を、表1に挙げておく。また間違いなく賢明な決断をするための一般的なガイドラインを表2にまとめたので、参照していただきたい。論文に,最もふさわしいジャーナルを見つけ出すのは手間がかかり、様々な要素を含み、また、時代とともに変化する。とはいえ、注意深く分析をし、恩師や上司達から助言を得ることによって、論文が掲載され、研究が成功する機会が増えるだろう。


参考文献

  1. Available at: http://scientific.thomson.com/free/essays/journalcitationreports/impact_factor. Accessed May 21, 2007
  2. Wikepedia.org. Available at: http://en.wikepedia.org/wiki/Impact factor. Accessed May 21, 2007
  3. Callahan M, Wears RL, Weber E. Journal prestige, publication bias, and other characteristics associated with citation of published studies in peer-review journals. JAMA 2002; 287: 2847-2850
  4. Anderson J, Belmont J, Cho CT. Journal impact factor in the era of expanding literature. J Microbiol Immunol Infect 2006; 39:436-443
  5. Chew M, Villanueva EV, Van Der Weyden MB. Life and times of the impact factor: retrospective analysis of trends for seven medical journals (1994-2005) and their editor’s views. J R Soc Med 2007; 100:142-150
  6. The Thomson Scientific journal selection process. Available at: http://scientific.thomson.com/knowtrend/essays/selection ofmaterial/journalselection/. Accessed May 21, 2007
  7. Weale AR, Bailey M, Lear PA. The level of non-citation of articles within a journal as a measure of quality: a comparison to the impact factor. BMC Med Res Methodol 2004; 4:14
  8. Jones AW. Impact factors of forensic science and toxicology journals: what do the numbers really mean? Forensic Sci Int 2003; 133:1-8
  9. Seglen PO. Why the impact factor of journals should not be used for evaluating research. BMJ 1997; 314:498-502

(訳) 福山美典、仲野小絵、J. パトリック・バロン

前のページへウィンドウを閉じる次のページへ