更新:2013年10月8日

原文 全訳版

Why References*
Giving Credit and Growing the Field

MaryAnn Foote, PhD
(CHEST 2007; 132:344-346)

*From M A Foote Associates, Westlake Village, CA.
The author has reported to the ACCP that no significant conflicts of interest exist with any companies/organizations whose products or services may be discussed in this article.
Manuscript received February 3, 2007; revision accepted February 8, 2007.
Reproduction of this article is prohibited without written permission from the American College of Chest Physicians (www.chestjournal. org/misc/reprints.shtml).
Correspondence to: MaryAnn Foote, PhD, M A Foote Associates, 4284 Par Five Ct, Westlake Village, CA 91362; e-mail: fmawriter@aol.com
DOI: 10.1378/chest.07-0320

References may be the least noticed aspect of a scientific manuscript, but their proper use brings authority, credibility, and precision to scientific manuscripts. The reference section is an important part of a scientific manuscript because references acknowledge the work of other researchers that allowed you to formulate your hypothesis and enable readers of your article to locate those works. At some point, another researcher may reference your article, which allows the field to grow. I briefly discussed references in a previous article1 and noted the use of a plethora of references and the failure to cite the work of others as the most common problems.

The “Instructions to Authors” for CHEST refer authors to the American Medical Association Manual of Style2 for guidance on formatting references. The manual, which is scheduled for an updated version in 2007, is quite comprehensive and devotes > 20 pages to the topic. It provides guidance on how to reference everything from journal articles and book chapters to Web-based references, foreign language journals with only abstracts in English, editorials, and legal briefs. While I will specifically address the use of references in original reports, many of the comments are applicable also to review articles, book chapters, and other scientific documents.

Potential Problems

Potential problems with references can be divided into three major categories:

  • Selection of references;
  • Placement of reference citations; and
  • Accuracy of references.

Selection

Because science is cumulative, that is, research builds on previous research, it is important that authors select references that are accessible to other scientists. A convincing argument could advocate peer-reviewed journal articles as the best and only references that should be cited because they have survived the scrutiny of peer review and are available through print and electronic media. Unfortunately, not all information is available in peer-reviewed articles, so the author may need to rely on other sources, such as book chapters, newspaper articles, or government records.

The use of meeting abstracts as references presents an interesting situation. I am not fond of research papers that cite meeting abstracts, particularly abstracts that are several years old. Meeting abstracts often contain preliminary and rudimentary information and may not provide enough details to allow full understanding of the data. If the data from a meeting abstract have not been published as a full research article within 3 years of the meeting abstract, I am always wary of the quality of the data (ie, were the data sufficiently robust for a peer-reviewed study?). Meeting abstracts may not be in the public domain and, thus, may not be available to other researchers, which is another reason to eschew their use. Certainly, posters are rarely in the public domain (a handout at the meeting not withstanding) and should be avoided as references for the same reasons.

Sometimes, the author must cite articles that have been accepted for publication and are in press. In this situation, the reference citation must include the authors, title of paper, and journal. Although the journal CHEST does not allow the practice and most journals discourage it, some journals allow authors to cite a “paper in preparation” or “paper under submission.” CHEST and many other journals allow authors to cite “personal communications.” Such references require the written permission of the author to ensure the accuracy of the data and approval from the author. A caveat, however: the mention of data contained in a paper that is in preparation or data obtained from a discussion with others (or from an abstract or poster for that matter) may constitute publication of those data, albeit in minimal form, and may effectively preclude subsequent publication of the full data in a peer-reviewed journal. The best course may be to avoid the use of such data and references. If the personal communication, paper in preparation, or paper under submission format is used, these references are contained within the text and are not placed in the reference list. As discussed in the previous article in this series,1 keep references to a minimum, selecting only the most appropriate and elegant articles that you have read, preferably in their entirety, and fully understand.

Placement

The general rule is to place the reference immediately after the idea, which means that references may be embedded in the sentence and may not always appear at the end of a sentence. A fictitious example of such placement is as follows: “Occasionally, patients who receive combined modality treatment have increased serum potassium, phosphate, and creatinine,1,4 and decreased neutrophil and platelet counts8 that may be caused by an increased assault on the bone marrow.9” Interestingly, omitting reference 9 would indicate that the conclusion was mine and not one reported by others.

It is important to decide whether you as the writer wish to emphasize science or the scientist. The fictitious reference in the paragraph above emphasizes the science. If I were to rewrite it as “Occasionally, patients who receive combined modality treatment have increased serum potassium, phosphate, and creatinine,1,4 and Smith et al have reported decreased neutrophil and platelet counts8 that Jones et al believe may be caused by an increased assault on the bone marrow,9” I am emphasizing the groups that reported the science.

The journal CHEST requires references to be given as superscript numerals, numbered consecutively in the order in which they appear in text, tables, and figures, which means that a reference may be cited only within a table or figure and not within text, but it needs to be in sequential order of its appearance (ie, do not number all references in text and then number references in tables and figures). Some journals use a name and date style (eg, Jones, 1999; Jones and Smith, 2000; or Jones et al, 2003). If this reference style is used, it is important to remember to provide the citation correctly each time it is used (ie, do not omit “Smith” or “et al”). Several publications for the author or authors for each year must be identified with a letter appended to date (ie, Jones, 1999a; Jones, 1999b).

I have a personal distaste for automated reference programs that generate text reference citations because they often are cumbersome and lack the elegance that befits a scientific manuscript. Automated programs sometimes produce sentences such as (embellishing an example from the previous article): “Surgery alone is generally not beneficial for patients with advanced disease, but combined modality treatment (eg, chemotherapy plus radiotherapy) has improved survival compared with radiotherapy alone.1,3,4,5,6,8” This sentence is best written as: “Surgery alone is generally not beneficial for patients with advanced disease, but combined modality treatment (eg, chemotherapy plus radiotherapy) has improved survival compared with radiotherapy alone1,3 - 6,8”, which is a presentation that many automated reference programs cannot provide. When several references are grouped together at first use, as in the illustrative sentence, they should be chronological (either newest to oldest or oldest to newest) and then alphabetical within each year; again, automated reference programs rarely work at this level of detail. The “Instructions to Authors” for the journal CHEST point out another problem with automated referencing programs: they are notorious for duplicating references.

The reference list of a revised manuscript should be checked for added or removed references. All references in the text must be in the reference list, and all reference citations in the reference list must be in the text, a table, or a figure.

Accuracy

It is incumbent on the author of an article to check all references for accuracy. Accuracy means not only that the names and order of authors, title of the article and the journal, year of publication, and volume and page numbers of the journal are correct but also that the citation actually supports the statement. Cite the reference exactly as given by the authors, even if the title contains what you consider stylistic errors. Check references on PubMed (www.pubmed.gov) to ensure that a reference does not have a correction, which should be added to the reference in the reference list, or has not been redacted. Other authors may not carefully check their references, so do not depend on the accuracy of reference citations in other published articles.

Referencing Web-based materials has unique requirements. Because references on Web sites can change quickly, unlike printed material, it is necessary to include in the reference list the date the information was accessed: “National Comprehensive Cancer Network. Lung Cancer: Treatment Guidelines for Patients. Available at: http://www.cancer. org/docroot/CRI/content/CRI_2_4_7x_NCCN_Lung_ Cancer_Treatment_Guidelines_for_Patients.asp. Accessed September 20, 2006.”

Take-Home Lesson

In a research article, references give credit to the work of other researchers and direct the reader to further information on the topic. To be useful, references must be valid, available, and accurate. Peer-reviewed journal articles that are published in a language that is easily read and understood by the author and that are widely available to the public may be considered to be the most valid references. Referenced articles should be accessible with only minor inconveniences for most researchers and interested readers. Ensuring the accuracy of references means checking the authors’ names, article title, journal, year, volume and, perhaps, issue numbers, and first and last page numbers. If the reference is Web-based, the link must be operative at the time the reference is submitted, the full link provided, and the date accessed given. References should be added at the appropriate point in the sentence (ie, after the first mention of the idea), and authors should remember that the use of names in a reference traditionally is used to focus attention on the scientists, rather than the science. Grouped references should be chronological and then alphabetical within years when first cited. It is inexcusable to fail to cite the work of other researchers or to attempt to pass off the ideas of others as one’s own.

ACKNOWLEDGMENT: I am grateful for the comments and suggestions from Susan Aiello, DVM, ELS; Susan Siefert, ELS, CBC; and Jim Yuen that considerably enhanced and improved the article.

References

  1. Foote MA. How to make a good first impression: a proper introduction. Chest 2006; 130:1935-1937
  2. American Medical Association. Manual of style: a guide for authors and editors. 9th ed. Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins, 1998

*From M A Foote Associates, Westlake Village, CA.
The author has reported to the ACCP that no significant conflicts of interest exist with any companies/organizations whose products or services may be discussed in this article.
Manuscript received February 3, 2007; revision accepted February 8, 2007.
Reproduction of this article is prohibited without written permission from the American College of Chest Physicians (www.chestjournal. org/misc/reprints.shtml).
Correspondence to: MaryAnn Foote, PhD, M A Foote Associates, 4284 Par Five Ct, Westlake Village, CA 91362; e-mail: fmawriter@aol.com
DOI: 10.1378/chest.07-0320

Why References
Giving Credit and Growing the Field
なぜ参考文献が必要なのか
他人の業績を認めて研究分野を発展させるために

MaryAnn Foote, PhD
CHEST 2007; 132:344-346

 参考文献は、おそらく科学論文の中で最も注目されていないものかもしれないが、それらを適切に使うことにより、科学論文に根拠や信頼性や正確さをもたらす。参考文献は、他の研究者の研究により、著者が仮説を立てることができたことに謝意を示し、論文の読者がその基となる文献を探し当てることを可能にするという意味で、科学論文にとって重要なセクションである。いつか他の研究者があなたの論文を引用し、それによって、その研究分野の発展に貢献するかもしれない。私は前回の記事1で参考文献について簡単に考察した際に、参考文献を多用しすぎる、またそれとは逆に、他の研究者の論文を引用していないことが、もっとも一般的な問題点であると述べた。

 CHEST誌の「投稿規定」では、参考文献の記載方法に関してはAmerican Medical Association Manual of Style2を参照するように、と述べている。2007年度に出版される改訂版マニュアルは、極めて広い範囲を網羅し、参考文献の記載方法に20ページ以上も割いている。その中で、あらゆる参考文献、例えば、ジャーナルの記事や本のチャプターから、ウェブ上の参考文献、抄録のみ英語の外国語のジャーナル、論説、短い法律記事にいたるまで、すべてについて、どのように参考文献リストをつけるかについての指針を提供している。本稿では特に、原著論文の参考文献の使い方について述べるが、ここでの内容の多くは、総説や本のチャプターや、その他の科学文書にも適用できるものである。

起こりうる問題点

 参考文献に関して起こりうる問題は、以下の3つの大きなカテゴリーに分けられる。

  • 参考文献の選び方
  • 参考文献の配置とその方法
  • 参考文献の正確さ

選び方

 科学は蓄積されるものである。つまり新たな研究というものは、過去の研究の上に積み上げられるため、著者は他の科学者が入手しやすい参考文献を選ぶことが重要である。ピアレビューのあるジャーナルに掲載されている論文だけがベストかつ唯一引用すべき参考文献である、というのが説得力のある主張であろう。なぜなら、それらは、ピアレビューの精査に耐えたもので、紙媒体でも電子媒体でも入手可能だからである。ただし、残念なことに、すべての情報をピアリビューを受けた記事から入手できるとは限らないので、著者は、例えば本のチャプター、新聞記事、政府が持つ資料といった他の情報源も参考にする必要がある可能性がある。

 学会の抄録集を参考文献として使うか否かは、状況により判断が難しい。私は個人的には学会の抄録集、特に何年も前のものを引用している研究論文は好まない。学会抄録集は準備段階の未完成な情報を含んでいることが多く、それだけではデータを十分に理解できない場合もある。もし学会抄録集に掲載後3年以内にその中のデータを使用した原著論文が出版されていない場合、私は常にそのデータの質を疑う。(すなわち、そのデータは、ピアレビューのある研究で使用できるほど十分にしっかりとしたものであったのか?)もう1つ、学会の抄録集を参考文献に使用すべきでない理由は、それらが一般に公開されていないため、他の研究者が入手できない可能性があるからである。同様に、ポスターも一般に公開されることは稀なので(配付資料が学会で配られても)、参考文献として利用するのは避けるべきである。

 著者は、ジャーナルからアクセプトされて掲載準備中の記事を引用しなければならない場合もある。こうした場合は、参考文献に著者名、論文の題名、ジャーナル名を記載する必要がある。CHEST誌他ほとんどのジャーナルでは「準備段階の論文」や「投稿中の論文」を参考文献として利用することを認めていないが、ジャーナルの中には、それらの引用を許可しているものもある。一方CHEST誌他多くのジャーナルは、「個人的な通信(パーソナルコミュニケーション)」を引用することを認めている。その場合、個人的な通信の書き手が、そのデータが正確であると確認し、その内容を発表してよいと承諾した旨の文書が必要である。しかしここで注意することがある。準備段階の論文に含まれるデータや他の研究者との討論から得たデータ(または抄録やポスターから得たもの)を参考文献に含めると、たとえそれがごく僅かであっても、これらのデータは既に発表したものとみなされ、その後ピアレビューのあるジャーナルにデータ全体を掲載することが、事実上不可能になることがあるのである。一番よい方法は、そのようなデータや参考文献を利用しないことである。もし個人的な通信、準備段階の論文、投稿中の論文を使用する場合は、本文中に含めるにとどめ、参考文献リストに載せないことである。本 Medical Writing Tipsシリーズの以前の記事1でも述べたように、参考文献には、あなたが(できるだけ全体を)読み、完全に理解している、最も適切で簡潔な記事のみを選び、その数を最小限に抑えることである。

配置
(参考文献の番号をどこにつけるか)

 一般的なルールとして、参考文献の番号は情報の直後につける。つまり、参考文献の番号は必ずしも文末にあるとは限らず、文の途中に組み込まれていることもある。そのような配置の例を挙げてみよう。“Occasionally, patients who receive combined modality treatment have increased serum potassium, phosphate, and creatinine, 1,4 and decreased neutrophil and platelet counts 8 that may be caused by an increased assault on the bone marrow. 9” ここで注意すべきは、参考文献9がなければ、結論は自分が出したもので、他の研究者が報告したものではないことになってしまうということである。

 自分が著者として科学に重点をおきたいのか、あるいは科学者に重点をおきたいのかを決めることが重要である。上のパラグラフに記載した架空の参考文献は、科学に重点をおいたものである。もし科学の報告を行っている研究グループに重点をおいて書き換えるならば、次のような文章になる。 “Occasionally, patients who receive combined modality treatment have increased serum potassium, phosphate, and creatinine, 1,4 and Smith et al have reported decreased neutrophil and platelet counts8 that Jones et al believe may be caused by an increased assault on the bone marrow,9

 CHEST誌では、参考文献は上つき番号で表記し、本文、表、図に示される順に連番で番号をつけなければならない。つまり、参考文献の番号は必ずしも本文中にはなく、表または図の中にしかない場合もあるが、そのような場合も、表示順に番号をつけなければならない。(したがって、本文中のすべての参考文献に番号をつけてから、表や図の中の参考文献に番号をつけないこと)。人名+年号(例:Jones, 1999; Jones and Smith, 2000; or Jones et al, 2003)というスタイルを使用しているジャーナルもある。こうしたスタイルを使用する場合、表記するたびに正確に引用するよう注意を払うことが重要である(すなわち、“Smith” あるいは “et al” を省かない)。同一年に同じ著者が複数の論文を出している場合には、年号にアルファベットをつけて識別できるようにしなければならない(例:Jones, 1999a; Jones, 1999b)。

 本文中の参考文献の引用を自動で生成してくれる参考文献作成プログラムは、扱いにくいことがよくあり、また科学論文にふさわしい簡潔さに欠けるため、私は個人的には好まない。自動作成プログラムを使用すると、次のような文章を生成してしまう場合がある。(前回の記事で取り上げた例を脚色すると) “Surgery alone is generally not beneficial for patients with advanced disease, but combined modality treatment (eg, chemotherapy plus radiotherapy) has improved survival compared with radiotherapy alone. 1,3,4,5,6,8” という文章は次のように書くのがベストである。 “Surgery alone is generally not beneficial for patients with advanced disease, but combined modality treatment (eg, chemotherapy plus radiotherapy) has improved survival compared with radiotherapy alone 1,3-6,8”. しかし多くの参考文献自動作成プログラムでは、このような表記を行うことはできない。例にあげた文章のように、初出時に複数の参考文献をまとめて表記する場合には、年代順(新しいものから古いもの、あるいは古いものから新しいもの順)に、また同一年内ではアルファベット順に並べる。繰り返しになるが、参考文献自動作成プログラムは、このように細かいレベルまではめったに対応できない。CHEST誌の「投稿規定」では、参考文献自動作成プログラムには、参考文献の二重記載が起こりがちだという、もう1つの問題があることが指摘されている。

 論文を改訂した場合には、追加・削除した参考文献について、参考文献リストをチェックしなければならない。本文内で引用された文献は、すべて参考文献リストに記載されていなければならず、また、参考文献リストにある文献は、すべて本文、表、図の中で引用されていなければならない。


正確さ

 著者には、すべての参考文献が正確であることを確認する義務がある。「正確さ」とは、著者の氏名、著者の並び順、記事・ジャーナルのタイトル、出版年、ジャーナルの巻数、何ページから何ページまでか、といった情報が正確であるだけでなく、その引用が実際に本文の内容と合っているかどうかということである。参考文献は、タイトルに文体的な誤りが含まれているように思われても、その著者が記載している通りに引用しなければならない。引用に誤りがないこと(あれば参考文献リストの文献に訂正を加えなければならない)と、誤って文献が削除されていないことを確認するために、PubMed (www.pubmed.gov) 上の参考文献と照合すること。著者の中には、自分の参考文献をあまり慎重にチェックしていない人もいるので、他の研究者の掲載記事の中の参考文献を引用する場合、それが正確であると思い込まない方がよいだろう。

 ウェブ上で論文を参考文献として引用するには、特殊な要件がある。ウェブサイトにある参考文献は、紙ベースのものと異なり素早く変更されるため、参考文献リストには、その文献にアクセスした日付を記載する必要がある。

“National Comprehensive Cancer Network. Lung Cancer: Treatment Guidelines for Patients. Available at: http/www.cancer.org/docroot/CRI/content/CRI_2_4_7x_NCCN_
Lung_Cancer_Treatment_Guidelines_for_Patients.asp. Accessed September 20, 2006.”

心にとめておきたい点

 研究論文における参考文献とは、他の研究者の業績を認め、そのトピックについて、更に詳しい情報へと読者を導くものである。妥当で入手しやすく、正確なものでなければ、参考文献は役に立たない。著者にとって読みやすく、理解しやすい言葉で書かれ、一般に広く公開されている、ピアレビューのあるジャーナルに掲載されている記事が、最も価値のある参考文献だとみなされる可能性がある。引用される文献は、多くの研究者や、そのトピックに関心のある読者が、ほとんど不便さを感じず、利用しやすいものでなければならない。参考文献の正確さを期するためには、著者氏名、論文のタイトル、ジャーナル名、出版年、巻・号数、何ページから何ページに掲載されているかをチェックすることである。参考文献がウェブ上のものである場合は、投稿した時点でリンクが有効でなければならず、またリンク全体と、アクセス年月日が記載されていなければならない。参考文献は、文中の適切な箇所(すなわち、その情報の初出直後)につけ加えなければならない。そして、参考文献で人名を使うのは、習慣的に、科学ではなく科学者に重点を置いているためである、ということを著者には覚えておいてほしい。また参考文献をまとめて表記する場合は、最初に引用する際、年代順に並べ、同一年内ではアルファベット順に並べなければならない。他の研究者の論文を引用するのを怠ったり、他の研究者の考えを自分のものであると偽ったりすることは、決して許されるものではない。

謝辞:優れたご意見とご提案をいただいたSusan Aiello, DVM, ELS, Susan Siefert, ELS, CBC, Jim Yuenの各氏に、この場を借りてお礼を申し上げる。

参考文献

  1. Foote MA. How to make a good first impression: a proper introduction. Chest 2006; 130:1935-1937
  2. American Medical Association. Manual of style: a guide for authors and editors. 9th ed. Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins, 1998

(訳) 福山美典、仲野小絵、J. パトリック・バロン


前のページへウィンドウを閉じる次のページへ