原著論文以外で業績を作る

ポスター発表

目を引くポスターにするために

ここでは、ポスターの見やすさに焦点を当てて、作成のコツを紹介する。

文字のフォントとサイズ

  • 飾りがないシンプルなサンセリフの英字フォントを使用する。(Arial, Verdanaなど)
  • <参考>
    • サンセリフフォント(例): (Arial), (Verdana)
    • セリフフォント(例): (Century), (Times New Roman)
  • タイトル:
    頭文字のみ大文字にし、72ポイント以上の太字を使用する。
  • 著者名と所属:
    頭文字のみ大文字にし、できれば48ポイントの太字を使用する。
  • 主な項目(目的、方法など):
    頭文字のみ大文字にし、28ポイントの太字を使用する。
  • 本文:
    読みやすい大きさの字を使用し、太字にはしない。

見やすさについて留意すべきこと

  • ポスターの配置は、縦の列が幾つかあるページをデザインする感覚で考える。
    左上から順番に詰めていくという考え方だと、全体のバランスをうまく取ることが
    難しい。
  • すべてをなるべく大きく表示する。
    • タイトルは約5メートル先からでも判読できるようにする。
  • 見る人の目を引くように、しかし派手になりすぎないようにする。
    • 珍しい形や驚くほど鮮明なカラーのグラフィックは、観衆を惹きつけるが、あくまでも見やすさを最優先にして、配色や大きさを決める。
  • 読み手の視線は通常、左上から右下方向へ斜めに移動するということを
    念頭に置いて効果的な配置を考える。
  • 立っている観衆や遠近両用メガネをかけている人にとっては、
    ポスターの上部 3分の2 までが見やすい範囲なので、
    重要な情報はこの範囲内に配置する。
  • 10:1ルール
    • 観衆は通常、興味のある演題でなければ約1m先から10秒間見るだけである。
      したがって、約1メートル離れたところからでも十分に読むことができ、
      おおまかな内容がわかるものを作る必要がある。
      ポスターの試し刷りの段階でポスターを掲示し、同僚に見てもらって意見を聞き、
      必要に応じて修正するとよい。

レイアウトの原則

  • 通常、縦3列に分けるのがバランスがよい。
    もし大きいポスターの場合は、4列に分けてもよい。
  • 各セクションの配置とスペースを決め、
    スペ-スに合わせてテキストの長さを調節する。
  • データ作成終了後、スペルミスなど単純ミスがないことを確認し、
    できれば医学専門の校閲者に英語を見てもらうと安心。
    ポスターの見やすさと理解しやすさについて同僚の意見を聞くことは
    必須のプロセスである。

レイアウトの例

  • 研究によって、スペースの配分は変わりうるが、
    いずれの場合も結果を最も目につく場所に配置し、最も多くスペースを取る。
    1枚目の例は、AbstractとIntroductionがあるもの、
    2枚目の例は、タイトルを工夫して、Abstract とIntroductionを省略して、
    Discussion, Results, Conclusionに、より多くのスペースを割り当てたものである。
    参考にしてほしい。

    具体的なレイアウトの例は、http://www.ronbun.jp/interview/sec04/mv_4_2_3_j.htmlのビデオの最後の部分を参照されたい。