原著論文以外で業績を作る

ポスター発表

ポスターのデザイン

タイトルの付け方

  • 言うまでもなくタイトルは最も重要な部分である。
    ポスター発表の場合は、どのように見えるかも十分に考慮する。
  • ポスターの上部を占めるタイトルは大きいフォントを利用し、太字にする。
  • 将来論文として投稿することも考え、
    ジャーナルに掲載するのに適したスタイルで、内容を凝縮したものにする。
  • 最重要点のみを残し、極限まで短いものにする。
  • 観衆の興味を引き、近くに来てもっと見たいと思わせる
    インパクトのあるものにする。
  • 略語は標準的なものだけを使う(学会の抄録集を参照するとよい)。

タイトルをデザインする上での注意点

  • ポスター上部の13×8 cmはポスター番号のために空けておく。
  • 名前、職位、所属はタイトルの下に小さめのフォントで記載する。
  • すべて大文字にはしない。
  • タイトルは上手く構成を考えれば、
    Abstract とIntroductionの両方を兼ねたものにでき、スペースが節約できる。

イントロダクション

  • タイトルを工夫し、なしで済ますことが好ましいが、
    それができない場合はObjective(研究の目的)を簡潔に述べるのがよい。

材料と方法

  • 実験デザインはグラフィックで示し、文字数を節約する。
    • 図表や写真で示すことができない場合は、簡単に箇条書きにする。
  • 使用した機器などのdeviceについては、正確な製品名だけでなく、
    製造業者とその所在都市・国名を記載することが必須である。

結果

  • もっとも重要な箇所なので、一目で注意を引くものにする。
    • 目立つように、ポスターの中央に配置する。
    • 箇条書きにするか、できれば表ではなく色分けした図やグラフ、画像を用いる。
  • 50語以内で簡潔にまとめる。

考察と結論

  • 詳細な考察は記載しない。
    ディスカッションはポスターセッションで観衆と直接行う。
  • 結論は、あるのが普通である。
    • 結果を繰り返し述べない。
    • データで裏づけされた結論のみを2~3項目の箇条書きで示す。
  • 参考文献は(フォントが小さくなっても)すべて記載する。

グラフと表

  • 軸の名称はいずれもX軸に平行に記載し、
    フォントは本文と同様、24~26ポイントを使用する。
  • グラフはできるだけ明瞭なものにする。
    データを実際はめ込んだ時に一番見やすいものを選ぶとよい。
  • 1つの図にたくさんの情報を詰め込まず、必要に応じて複数の図に分ける。
  • 表には縦の罫線を入れず、横の罫線だけを使用する。
  • 棒グラフでは、ストライプや網掛けを使わず、色で分けると明確に区別ができる。
  • 色分けをする際は、遠くからでも識別できる、はっきり違う色を使う。
  • どうしても必要でない限り、立体表示(3次元グラフ)は使わない。
  • 同一ポスター内での、グラフ・図表の表示には、できる限り一貫性を持たせる。
    (同じ要素には、常に同じ色やフォントを使う)
  • できれば、どの図にも同じ計測単位を適用し、
    同じ数値に対してはグラフ上の幅も揃えることが望ましい。